膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク
 

2年前のわたしへ。精神障害者になってからも、こうして生きていて良かった

2年前のわたしへ。精神障害者になったけど今こうして生きていて良かった

双極性障害という精神障害になってから、2年経ちました。

それでも生きている。膝野まえ(@hizano_mae)です。

 

精神障害者になってから死にたくなるときもあったけど、それでも今こうして生きていて良かったなぁって言いたいだけ。

今日はビックリするくらい自己満足記事だよ。推敲をする気すら起きてない。

 

 

 

「死にたい」と思ったことは何度もある。

正確な数は覚えてないし、もしかすると両手で足りるくらいの数かもしれんけど、何度も「死にたい」と思った。

それでも今こうして生きていて、すごく良かった。

 

双極性障害と診断されたときは、本当に「人生終わった」としか思えなかった。

「これからどうやって生きていけばいいんだろう」とか、「ずっと障害を抱えたまま生きていくのは嫌だ」と本当に落ち込んだ。

周りの人にも、ひどくひどく八つ当たりしたし、自分が障害者になったことを誰かのせいにしたかった。

まあ、今でも完全に受け入れきれたわけじゃないんだけど笑

ただ、以前よりは受け入れられてるので、次第にもっと受け入れられるようになれば良いなと思う。

なにせ健常者として生きてきた年数の方が圧倒的に長い。

だから、いきなり障害者になって、障害者である自分を受け入れるのって、本当に時間がかかるんです。

身体障害者の場合でも、先天性の人よりも、後天的に障害者になった人の方が、障害者であることを受け入れるのに時間がかかると聞きます。

 

 

閑話休題。

 

 

精神障害者になってから、そりゃもう辛いことはたくさんあった。

誰かの何気ない一言にめちゃめちゃ傷付いたり、急に昔のことを思い出して死にたくなったり。

最近は落ち着いてきたけどね笑

 

嫌なことも色々あったけど、自分から死ぬことを選ばず、今に至るまでこうして生きていて良かったと思う。

昔からの友達と遊んだり、新しい友達と出会えたり、今まで行ったことのない場所に行って遊んだり。

 

 

 

2年前、精神障害者になったころの私へ。

 

あなたは2年後の自分が、何をやってると思いますか?

 

Twitterで知り合った人と遊んでます。

舞台刀剣乱舞のライブビューイングを見に行きます。

全国各地の日本刀を見に行ってます。

自分で浴衣を着付けしてます。

髪の毛を巻けるようになります。

クリームシチューを作れるようになります。

あんなに嫌がってたカウンセリングにも通えるようになって、カウンセラーさんと良い関係を築けるようになります。

10年ぶりにブログ書いてます。(高校生のころに書いてたブログ、めちゃめちゃ面白かったね)

Radiotalkでフィクションのストーリーを配信してます。

曲作ります。

 

どれも、あなたが想像だにしないことですよね。

 

今までやったことがないこと、全然できなかったことが、たくさんできるようになりました。

 

これからも、色んなことができるようになると思います。

 

もちろん、辛いこともいっぱいあります。

けれど、新しい楽しいことにも、いっぱい出会えるようになります。

 

今はまだ辛いと思います。

でも2年後の私は「生きていて良かった」と思ってるので、生きてみてください。

年齢を重ねれば重ねるほど、時の流れは早くなるので、2年なんてあっという間に過ぎ去ります。

 

2年後の私より。

 

 

 

 

 

 

1秒前の私へ。

 

生きていてくれてありがとう。

 

1秒後の私より。