膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク

【Dスク第1話】Dimensionハイスクールがカオスだった【感想】

【Dスク第1話】Dimensionハイスクールがカオスだった【感想】

最近寒くないですか?

イケメンに暖めてもらいたい、膝野まえ(@hizano_mae)です。

まあイケメンに暖めてもらうなんて願いは神龍に頼んでも叶えてくれなさそうですよね。

なので代わりに実写のイケメンが出るアニメを見ました。アニメなのに実写って何?

 

そのアニメは『Dimensionハイスクール』、略して『Dスク』といいます。

 

Dスクとは?

Dスクとは、要約すると4人の男子高校生と1人の男性教師が、地球の存亡をかけて戦うアニメです。

前にもチラッと記事で紹介しました。

【関連記事】

www.hizano-mae.com

 

普通のアニメと大きく違うのが、アニメパートと実写パートに分かれているというところ。 

つまり、2次元と3次元の壁を超えた作品というわけです。

ある意味、これこそが2.5次元な気はしますが…

 

さて、ここから先は完全にネタバレです。

まだ見てない人は注意してね☆

 

ネタバレ注意

 

第1話の感想

染谷くんの顔がいい泣

桃谷先生役の染谷くんの美しいご尊顔…

あんなに美しい顔で穏やかな声の先生がいたら、私も絶対に物理の補修を受けてた。

わかる。緑ヶ丘くんが進んで補修を受ける理由もわかる(緑ヶ丘くんは桃谷先生の顔が目当てではないだろうけど)

 

 

それにしても緑ヶ丘くん、人によって態度を変えすぎでマジで草。ワロタ。

緑ヶ丘くんの桃谷先生に向ける言動が『推しを神聖化しすぎるオタク』みたいになってたのもワロタ。落ち着け、そいつ金の亡者だぞ。

ところで、緑ヶ丘くんは白山くんと昔に何かあったっぽいけど、それはシリーズの終盤らへんで明かされるのかな。

 

あとな、窓から石を投げるな!

フィクションだからいいけど、現実なら危ないぞ笑

 

 

水上くんと黄川田くんは、あまり目立った印象はなかったんだけど、アニメパート以降の黄川田くんが『ファンタジーを夢として片付けたがる』キャラのテンプレみたいな動きをしてくれたのが面白かった。

良くも悪くも素直っぽい(ように見えた)黄川田くんだからこそ、そういうテンプレの動きが似合ってた気がする。

(水上くん目立ってないとか言っちゃったけど、よく考えたら「首がとれる」とかメチャメチャ怖い発言してたわ)

 

 

ってーか伝説の勇者は4人なの!?

じゃああの5人の中で、勇者じゃないのは誰!?

まぁ~服の色からして、桃谷先生なのかなーって気はするけど…

そしたら桃谷先生は一体なんなんだろう?

 

ちゅーかスフィンクス、桃谷先生のことを「熟した」って表現すな!

なんかドキッとした(それは自分の認知が原因)

 

あと、ドップラー効果がきちんと伏線回収されてたのは良かった!

普通に「なるほど!」と頷いてしまった笑

 

 

このアニメ、勢いで見るタイプのアニメかと思ってたけど、白山くんと緑ヶ丘くんは何かありそうだし、桃谷先生も何かありそう。

水上くんと黄川田くんは…現時点ではなんとも言えない。とりあえず水上くんがたまにヤバイ発言をするってことしか…

今後の展開が気になってきたぞ…!

 

 

ところで白山くんは石フェチなの?

石収集家なの?

ニビジムのリーダーにでもなるつもりなの?

 

 

第2話の感想はこちら

続けて第2話の感想もどうぞ。

「えっ!?!?!?」って思いました…

【第2話の感想記事】

www.hizano-mae.com

 

財産を失った桃谷先生の狂いようが最高だったのでもう一度見たいアラサー女からでした。