膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク

【Dスク第11話】桃谷先生推しには色々と無理な展開【感想】

【Dスク第11話】桃谷先生推しには色々と無理な展開【感想】

あと数回で最終回なの?やめて終わらないでDスク。

アラサーのオタク女、膝野まえ(@hizano_mae)です。

先週に引き続きDimensionハイスクール(通称Dスク)を鑑賞しました。

【関連記事】

www.hizano-mae.com

 

今回は第11話の感想を書きます。

ネタバレしまくりの記事なので、まだ見ていない人は気を付けてね。

下記の画像のすぐ下に目次があるのですが目次からネタバレしてますからね。

オタクなら自衛は完璧だと思いますが、こういうところでワンクッションおくのもオタクとして大事だと思うのでワンクッションしてます。

ネタバレ注意

第11話の感想

スプーディオの真相

いつも白山くんたちを応援するだけで(マジで応援するだけ)、マジで何の手助けもしなかったスプーディオ。

 

だけどスプーディオは、手助けしなかったんじゃなくて、手助けできないだけだったんだね…

 

このことは、スフィンクスに食われて『ひらめき力』を奪われた白山くんだから気付けたのが皮肉。

 

しかもスプーディオの前の姿は2次元の白山くんだったとか…

 

というか2次元の緑ヶ丘流星・水上ゆりお・黄川田剛の姿も、全部スプーディオのかつての仲間の姿だったとか…

マジかいな、なかなかに辛いものがある。

 

そのうえ、スプーディオはスフィンクスに作られた存在なのが発覚。

スフィンクスの餌を探し出すためにスプーディオは利用されていただけ。

え、こんなひどい話でした…?

Dスクってもっと明るくてポップだと思ってたんですけど…

 

 

白山純平が出した問題が鬼

白山くんが出した問題がわからないスフィンクスを2.9次元に置いたまま、白山くんたちは3次元に帰還。

黄川田くんには体の金属パーツが戻ってきたし、緑ヶ丘くんにはプライドが戻ってきたけど、桃谷先生は戻ってこない。

緑ヶ丘くんは先生が戻ってこないことを怒っていたけど、白山くんは「あの次元にスフィンクスを閉じ込めておくのが桃谷先生の狙いだった」と気付いてしまった。

 

だから白山くんは、スフィンクスに『正解のない問題』を出すことで、スフィンクスを閉じ込めることにした。

 

いや~…桃谷先生…教師として大人として、子供たちの未来を守る選択をしたわけだけど…そんな…

 

 

そして10年の月日が流れた

 

まさかいきなり10年の月日が流れるとは思わなくないですか?

 

しかも4人めっちゃ仲良くなってるし。

白山くんが「ゆりお!剛!」って呼んでて、あたしゃ驚いたよ…

しまいにゃ白山くん、ゆりお、黄川田くんまでもが「流星」と呼ぶし…

名前呼びになるまでの過程を見せてください。

 

みんなで海辺に集まって、桃谷先生に黙とうを捧げる。

そうだよね、10年もの間、3次元がスフィンクスに脅かされることなく平和ということは、桃谷先生の犠牲あってことだもんね…

 

でもここでまさかスプーディオが、白山くんたちにヒントをもらいにやってきて正解がないことを知って、再びスフィンクスのとこに戻るとは思わんくない?

 

おいおい、本当にスプーディオはスフィンクスの手下になっちまったのか!?

 

と思ったけど、逆上したスフィンクスたちが絶対のルールを破って消滅してくれて良かった…

 

スフィンクスが消えて、スプーディオも消えかけるけど、最後の力で桃谷先生を3次元に帰そうとしてくれるし…ありがとうスプーディオ…

 

 

大出紫郎と再会した桃谷先生

桃谷先生がスプーディオの最期の力でやってきたのは、モノクロの海辺。

「三途の川に来てしまったのでしょうか」と言う桃谷先生。

けどそこに現れたのは、親友の大出紫郎。

大出紫郎が目の前にいるんじゃ、さすがにあの世かと思ってしまうよね笑

紫郎に、昔合同で描いた漫画が入賞したことを伝えられて、良かったなぁと思う。

 

というかその大出紫郎の正体…ああ、半分は、半分はオイディプスなのね~~~!!!!!!

 

次元の使者ってそういう…そういう~~~!!!!!

 

今までの白山くんたちとスフィンクスの戦いも見てきたんだろうね…

 

そしてなんやかんやで、桃谷先生が白山くんたちのいる次元に帰って来れて良かったよ~~!!!

 

ていうか来週最終回なの!?

やだ終わらないでほのぼの学園編をやってくれ頼む

 

第12話の感想はこちら

第12話、つまり最終回の感想記事がこちらになります…

最後はDスクっぽい話でした…もうこれ以上は何も言うまい…

【第12話の感想記事】

www.hizano-mae.com

 

むしろ今回のエンディングが完全に最終回仕様で焦ってたオタク女からでした。