膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

【Dスク第8話】話がしんどすぎて全然笑えなかった…【感想】

【Dスク第8話】話がしんどすぎて全然笑えなかった…【感想】

もっと…物理の先生を出してくれ…染谷くんを、染谷くんを出してくれ…

アラサーのオタク女、膝野まえです。

先週に引き続きDimensionハイスクール(通称Dスク)を鑑賞しました。

 

【関連記事】

www.hizano-mae.com

 

今回は第8話の感想を書きます。

ネタバレばかりの記事なので、まだ見ていない人は気を付けてね。

下記の画像のすぐ下に目次があるのですが目次からネタバレしてますからね。

オタクのみんな、しっかり自衛してくれよな!!

ネタバレ注意

第8話の感想

唯一の笑いどころ、緑ヶ丘流星

今回唯一の笑いどころであるのは緑ヶ丘流星。

 

2.4次元から戻ってきた白山くんたちに向かって、桃谷先生がいなくなったことを非難するのは桃谷先生狂として本当にブレません。

 

彼は一生、桃谷先生に狂っていてほしいですね…

緑ヶ丘くん、「いつか自分が結婚したら、式に桃谷先生を呼びたい」とまで言ってましたもんね。

白山くんが桃谷先生に話しかけられて、なおかつ2人きりになったことに嫉妬するのも狂気を感じられます。

 

そして桃谷先生を取り返すため、1人で神社に行ってスプーディオ(しゃべる石)に梅干しを当てるのもとても良いです。

すごいな…何が何でも桃谷先生を取り返すつもりじゃん…

あとね、緑ヶ丘くんが神社に入るとき、ちゃんと鳥居の前で一礼したり、石段は真ん中じゃなくて端を登るのとても良かったです。育ちが良い。

 

 

桃谷先生と大出紫郎の過去

桃谷先生のことを探るため、白山くん黄川田くん水上ゆりおで行動するのかわいかったですね。

園芸部の部員に桃谷先生のことに聞いてみて「もしかして桃谷先生と保健室の先生って結婚するの?」みたいな流れになってしまったの、何かのフラグでなければ良いなとは思います。

というか第6話の伏線をここで回収してくるとは…やるなDスク…

【関連記事】

www.hizano-mae.com

 

緑ヶ丘くん以外にも笑いどころあった…園芸部だ…

 

そして3人が集めた桃谷先生に関する過去のこと。

大出紫郎(つまり蒼井翔太さん)は、桃谷先生と同じ文芸部で、一緒に漫画を描いていたとのこと。

10年前、漫画の原稿を出版社に持っていこうとしたところで、大出紫郎は事故に遭った…っぽいね…

だから桃谷先生は「亡くなった親友に会うために、前回の赤いスフィンクスにあえてさらわれたのでは?」という見解を出す一行。

 

しかし白山くんだけが「ひっかかる」と異論を唱えるの、さすが閃きの天才。

 

「親友に会いたいと思うほど熱烈な気持ちがあるなら、初めてスフィンクスと戦って食われたときに、親友の記憶を失ってるのではないか」と推理するの、あまりにも納得がいってしまう…

 

それにしても一体、先生はどんな目的があってスフィンクスのもとに行ったんだろう…

失われたお金を取り戻すためかなっていう気も、しなくはないのですが…ギャグアニメだし…

 

 

黒いスフィンクスとの戦い

今回のスフィンクスは、黒いよぼよぼのおじいちゃん。

老成してるだけあって問題がハチャメチャに難しかったですね。

あんなの解けませんって…

案の定、主人公である白山くんが食われちゃうし…白山くんがだよ!?

 

てててていうか!

 

白山くんが食われて怒りをあらわにする緑ヶ丘くん、100点満点中5000兆点じゃなかった?

 

でもそんな緑ヶ丘くんも食われちゃってオイオイオイ!

 

黄川田くんとゆりおだけで何とかしなきゃいけないの、大丈夫!?

 

けど以前、ゆりおはクイズの特訓メチャメチャやってたから…なんとかなるよね…

あのときのゆりお、カムバック…

【関連記事】

www.hizano-mae.com

 

つーかスプーディオ!

お前はスフィンクスと関係があるのかないのかハッキリせんかい!怒

今回の黒いスフィンクスを見て「こいつでスフィンクスは最後だ」と言えるあたり、やっぱりあやしい…

なんで最後のスフィンクスだと知ってるんだ…?

 

 

第9話の感想記事はこちら

ギャグアニメのはずなのに、意外と逼迫した内容になって驚きだよ…

桃谷先生は戻ってくる?白山くんと緑ヶ丘くんは?

まさかDスクでこんな気持ちになるとは…

【第9話の感想記事】

www.hizano-mae.com

 

ハラハラしながら終わってしまって白山くんたちのことが心配なアラサーオタク女からでした。

 

 

【この記事を書いた人のTwitter】

メンタルヘルス、オタク的なこと、日常についてツイートしています。気になったら覗いてみてくださいませ。

twitter.com