膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

FFのオーケストラコンサートに行ってきた【感想】

FFのオーケストラコンサートに行ってきた【感想】

 

オケコンの会場では、歴代FFの楽曲がBGMとして流れていた。どうやら過去のコンサートの楽曲っぽい。曲が終わると拍手の音もしてたからたぶんそうだろう。

会場内には天野さんの展示絵があって、列に並んで写真を撮れた。

私ももれなく撮ってきた。でも写真を載せていいのか分からないから載せないね。

 

オケコンには初めて参戦したけれど、ステージ上のスクリーンにゲーム画面が出る演出に驚いた。

そしてゲーム画面にあわせた曲が演奏される。まるでゲームをしているかのような感覚だった。

 

 

 

さて、曲についてはさすがに記憶が飛び飛びなので、覚えているところだけ書いていく。

 

 

FF1~6のバトルメドレーは盛り上げ方がすごいなと思った。バトルという共通のテーマで表現の分け方が難しいはず。

なのにFF4で優しくて穏やかで雄大なバトルが流れたのには感動した。

そこからFF5のバトルに繋がれて、燃え上がるとはまた違うような、強い風が吹くようなバトルが始まった。

更にそこからFF6の小気味良いバトルに流れる。とてもテンポがよくて、これもまた他とは違うバトルだった。

 

FF8のオープニングは、コーラスの人がまるで本当にゲームから出ているかのようだった。ゲームの音源だよと言われても信じてしまいそうなほどに、凄まじいコーラスだった。

これから物語が始まるというワクワク感を覚え、コーラスに圧倒され、ちょっとホロリと涙が出た。

 

涙といえば、柔らかい涙がこぼれてしまった。『素敵だね』である。

しかもオリジナルボーカリストRIKKIさんの歌唱だ。

透明感のある歌声で、物語の儚さを伝えてくれた。

目頭が熱くなって、涙がこぼれてしまった。

 

今回はRIKKIさんだけでなく、白鳥英美子さんも歌った。もちろん『Melodies of life』をだ。

どこまでも美しい歌声で、命は続いていくということを教えてくれた。

無論こちらもホロホロ泣いてしまった。泣くでしょ。

 

アンコールは『ザナルカンドにて』。誰もが耳にしたことがあるであろう名曲だ。

ゲームではピアノのみで演奏されているこの曲。オーケストラになると更に迫力が増す。

ザナルカンドを目指して旅をしたティーダたちの儚い気持ちが伝わるようだった。

 

ちなみにもう1つのアンコール曲は「え、その映像とあわせるの!?」という感じだった。それとあわせるんだ!?

 

 

 

あっという間に終わってしまったオケコン。どれも素敵な曲ばかりで心に響くアレンジで。

ずっと息が詰まって、曲が終わるたびに小さく息を吐いた。

特に印象的だったのは、FF4のバトル曲が原曲よりもだいぶ優しくけれど雄大になったことだ。

音楽にはまだまだ色んな楽しみ方があるのだと知った。

いつかまたどこかで聴けたらいいな。