膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

音楽をかけながら文章を書くってムチャクチャ難しくないですか?

音楽をかけながら文章を書くってムチャクチャ難しくないですか?

音楽がない世界は考えられない。音楽は世界を救いがちだもんね。救ってくれ…

今めちゃくちゃ眠い、膝野まえ(@hizano_mae)です。

ここ数ヶ月ほど思ってるのが、音楽をかけながら文章を書くのは難しいということです。

「何か文章を書くときは、無音(というか雑音)だけの状態がよくないか?」と思ってるという話でございます。

文章を書くときは音楽はかけないようにしてる

ブログ記事でも小説でも書くときは、音楽をかけないようにしています。

まあまあ、以前は音楽をかけながら書いてました。

Amazon Musicで好きな曲を聴きながら、パソコンに向かってカタカタカッターン!!!!と文字を打ってました。

 

でも今はもう、NO MUSIC, YES WRITEです。英語あってんのか?

 

文章を書くときは、音楽をかけないようにしました。

 

なぜなら音楽の方に集中してしまうから

なんで音楽をかけないのかといえば、理由は簡単。

 

音楽をかけていると、文章じゃなくて音楽の方に集中してしまうからです。

 

だってめっちゃ歌っちゃうし…ロックもバラードもノリノリになってしまうよ。

それに音楽を聴いてるだけで楽しいから、なんかこう、文章が進まないことに対する罪悪感もない(個人の感想です)

私の体も言ってます。「パソコンでキーボードを打ってるより、耳で音楽をエンジョイしてる方が楽しい!」ってね。

「エンジョイ」と「楽しい」を両方出すの、すごく…なんか、あれだね…

 

無音だとめちゃくちゃ文章が書ける

結果として………無音の状態だと、めっちゃくちゃ文章が書けるということに気付きました。

(無音というか、音楽をかけていないだけの状態だね。普通に生活音とかは聞こえてる。カラスの鳴き声とか)

 

無音で文章を書いてるとき、「私ってこんなにスピーディーに文章が書けたんだな…」と恐れおののいちゃったもんね、自分に。恐れおののいた。おそれおののいた。

すごいよ、音楽をかけてるときに比べて、ちゃんとわかるもんね…「次に書くべき文字はどれか」ってことが…いや今のは言い過ぎかもしれんけど…

 

いやマジで無音の方がいいって。いつもなら1時間で300字くらいしか進まないところが、1時間で1000字くらい進んだことあったからね。場合によりけりだけどね。

 

音楽を聴きながら文章を書くのは難しい

音楽を聴きながら文章を書くのは難しいです。

これはきっと、脳の構造的にそうなってる気がします。そういう文献を探せば多分あると思う。

というか、ググったらなんかそれっぽいの出てきた。出てきてた。だから多分あると思う。多分ね。

 

終始あいまいな言い方だけど、まあいいかって思ってる、わしからでした。