膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク
 

「病気をわかってくれる人と結婚すればいいんじゃない?」って何?

睡眠不足がつらくて何度でも二度寝をしたい、膝野まえです。

 

私は双極性障害という精神疾患(つまりは精神病)を患っている。

双極性障害をかなり簡略化して説明すると『気分がすごくハイになるときと、逆にうつ病のようになってしまう病気』だ。

気分がハイなときは、めちゃめちゃ元気で何でもできる。たとえ誰かに迷惑をかけてしまっても。

そしてうつ病のような状態のときは、ご飯が食べられなくなったり、酷いときには死にたくなる。

 

感情の波が激しすぎて、うまく生活できない。そんな病気だ。

 

そのためどうしても病気中心で生活を考えないといけない。

考えるつもりがなくても、考えざるをえないときだってある。

 

だからなのか友人との会話でも、ときおり病気が関わってしまうことがある。 

「病気をわかってくれる人と結婚すればいいんじゃない?」って何?

友人との会話にて

ある日、友人と結婚の話題になった。

私が「結婚する気がない」というと、「なんで?」と尋ねられた。

なので「病気のこともあるし、結婚しない方が楽だから」と答えた。

すると友人に「病気をわかってくれる人と結婚すればいいんじゃない?」と言われた。

 

正直、どう説明すればいいか迷った。

 

なかなか怒りがおさまらない

なにせ、私は一度怒るとずっと怒ってる。

感情の起伏が激しいという病気の特性もあってか、なかなか怒りがおさまらない。(もちろん同病の人がみんな怒りっぽいということではない)

酷いときは家族相手に1時間くらい怒鳴るし、物にも八つ当たりする。

もちろん、やってはいけないことだという認識は持っている。

だからこんな状態で仮に誰かと暮らしたら、相手が物凄く大変だと思う。

 

自分だって誰かを傷つけたくない

さすがに私の『怒り』だって永遠に続くものじゃない。一時的で一過性なものだ。

けど一瞬の『怒り』で、相手に傷を負わせたら嫌だ。

本当に自分にも相手にもメリットがない。だから結婚したくない。

そもそも誰かと暮らすこと自体が嫌なので、本当に結婚に向いてないと思う。

 

正直に話せば良かった

話を戻そう。

私はひたすら、友人に「誰かと暮らすのも気が進まないし、病気は色々大変だから結婚したくない」と言った。

そのたびに友人から「でもわかってくれる人もいるんじゃないの?」と返された。暖簾に腕押しのような状況になった。

 

「私は怒りっぽくて、家族にも物にも八つ当たりするから、誰かと結婚したくないんだよね。結婚する相手にも悪いし、自分だって相手を傷つけたくないから」

 

私がそう言えれば、友人だって納得したかもしれない。

 

でもこれを伝えてしまうと、友人が私のことを怖がってしまうような気がして、結局言えなかった。

 

今にして思えば、言っておけば良かった。

これを言うだけで、意味のない会話が終わるなら、言えば良かった。

 

今のところ結婚する必要性はない

しかし世の中には色んな人がいる。

だから私が怒りをぶつけても気にしない人が、1人くらいはいるかもしれない。

けどわざわざ探すのも面倒くさいし、何より自分には自分の趣味があるので、結婚する必要性はないかなーと思う。

とはいえ何があるかわからんから笑、もしかしたらしれっと結婚するかもしれんけど。

 

「病気をわかってくれる人と結婚すればいいんじゃない?」は難しい

なんでもかんでも病気のせいにしていい、わけじゃないし、今回のこれはまぁ~~~~~~~さすがに病気のせいにしすぎかもしれない。

わりと個人の性格だろうな、って気持ちもある。

 

だけど自分がどんなに病気のことを気にしていなくても、周りが気にしたりするから、そんなに簡単じゃないよなって思う。

 

「病気をわかってくれる人と結婚すればいいんじゃない?」って、そんな簡単に言わなくてもな、と思った。

だから、そんな簡単に言われてしまっても、別にいいやと思える気持ちを持ちたいね。

自分の人生を決めるのは自分だから、他人の言葉にむやみやたらに左右されないようにしたい。