膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク

平成初期生まれの平成最後のひとりごと。さよなら平成。

平成初期生まれの平成最後のひとりごと。さよなら平成。

そこまで平成に執着していたつもりはない。

でもいざ平成が終わるとなると、なんだか寂しくなってきた。

なぜかといえば、私の中に「平成」があり続けたから、なんだと思う。

 

 

私は平成の世に生まれた。

それも平成の2年とか3年とか、そのくらいの時期に生まれた。

なので新しいコミュニティに入るとき、そこに平成生まれがいないこともあった。

だからだろうか。大人と出会うたび、「平成」という肩書きに注目されてきた。

 

小学生のときの全校集会で、校長先生は「ここにいる生徒のみなさんは全員平成生まれなんですね」と微笑んでいた。

中学校の社会の先生は「みなさんはもう平成なんですね」と感慨深そうだった。

会社の人は「ついにうちの部署にも平成がきたのか」と声をあげた。

 

どこにいっても「平成」であることを見られてきた。

 

いつの間にか「平成」は私のアイデンティティにもなっていた。

 

私が生まれてから28年間。ずっと「平成」が、私の中にあり続けた。

 

 

さて。そんな「平成」もあと少しで終わる。

「新しい時代の幕開け」が待ち遠しい。

そういえば20世紀から21世紀になるのだって、「新しい時代の幕開け」だったはずだ。

けれど今のこの高揚感は、20世紀から21世紀になるときの比ではない気がする。

(21世紀になったときのことは、かなりうろ覚えだけどね)

 

こんなにも気分が高まっているのは、やはり私の中に「平成」があり続けたからで。

 

振り返ってみれば、私にとって「平成」は掛け替えのないものに、なっていたんだなって。思う。

 

 

平成が終わって令和が始まるのは、とても楽しみだ。

今までありがとう平成、さよなら。

これから出会う人たちに「きみ令和生まれなの!?」と驚いてしまうことが、たくさんあるんだろうなぁ。うん。