膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク
 

『人を良くする』と書いて『食』と読むんだから食べることは大事

『人を良くする』と書いて『食』と読むんだから食べることは大事

いくら食べても太らない体になれたらいいのに…

食べたら食べただけ太る人、膝野まえ(@hizano_mae)です。

 

世の中には太らない体質の人もいますけど、大抵の人は食べたら太るわけですよ。

そのため「太りたくないから食べない」なんて人もいるかもしれません。

でも『食べること』って大事なんですよ。

 

なにせ、人は何かを食べないと生きていけないからです。

 

1日1食の人はいても1日0食の人はいない

何も食べない人はいないんですよ。

「食べるのが好きじゃないから1日1食だけ」って人はいます。

食べるの大好きの私からすれば信じられませんが…

(食べるのが好きじゃない人からすれば、私のことこそ信じられないでしょうけども…)

 

でも「食べたくないから1日0食」なんて人はいませんよね?

 

ひょっとすると「1週間に1日だけ、0食のときがある」という人はいるかもしれません。

 

しかし「毎日0食」の人はいません。

多分それはよっぽどの事情がある人です。

 

『生まれてこのかた、一度も何も食べたことがない』なんて人はいないんですよ。

 

だって、何か食べないと人は生命活動を維持できないから。

 

 

人を良くすると書いて『食』と読む

みなさん、『食』という漢字をよく見てください。

『人を良くする』と書かれていることに気付きますでしょうか?私は某アニメを見ていて初めて気が付きました。

 

【図解】『人を良くする』と書いて『食』

【図解】『人を良くする』と書いて『食』

 

 

この字からもわかるように、『食べること』は『人を良くする』んです。

 

もはやこの『食』という字だけで、『食べること』がどれだけ人に良い影響を与えるかわかるでしょ。

 

実は『食』という漢字の成り立ち自体は全然違うのですが(違うの!?)、『人を良くする』と書いて『食』になるのは何かの運命としか思えません。食のDestninyです。

 

だって漢字を作ったら、それが『人』と『良』の組み合わせになってました…なんて、そんな偶然ある?

 

 

…話が逸れましたが、生きていくうえで『食べること』は絶対に欠かしちゃいけないんです。 

もしも何も食べなかったら、どんどん体は悪くなっていくでしょう。

『人を良くする』ためには、『食べること』が必要なんです。

 

 

食べるからこそ生きていける

食べているからこそ、こうして生きていけるんです。

とはいえ「食べ過ぎてしまうのはどうなの?」という疑問もあるかもしれませんね。

確かに食べすぎても、逆に病気になる可能性はあります。

肥満になれば病気のリスクも高まることでしょう。それは否定できません。

また、体に悪いものを食べていたら、それはそれで不健康になるでしょう。

 

でも一番やっちゃいけないのは、何も食べなくなることです。

 

食べなくなると、生きていけなくなるから。

 

私は食事の専門家ではないのであまり強くは言えませんが、食べることをやめたらダメだというのはさすがにわかります。

だから、どんなに少なくてもいいから、きちんと食事はとりましょう。

食べないと人は生きていけないので。

 

それでは、バイビー。