膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

推しがアイドルになれなくてもデビューした子を傷つけてはいけない

推しがアイドルになれなくてもデビューした子を傷つけてはいけない

「なんであいつがデビューするんだ」

そんなふうに言われてデビューするアイドルもいる。

全てのアイドルが、デビューすることを応援されるわけではない。

 

「自分の推しがデビューできなかった…なのに他の子がデビューした…」

推しがデビューできないことを悲しむのは、悪いことじゃない。

 

でも、だからといって、推しじゃない子がデビューしたときに、その子を傷つけてはいけないと思う。

アイドル候補生がデビューするのを待ち望む人々がいる

アイドル事務所では、アイドルとしてデビューする前に『レッスン生』『研究生』といったような、いわゆる『アイドル候補生』のような立ち位置がよくある。

(デビューの定義は事務所によって変わるかもしれないが、一例をあげると「CDを出したらデビュー」みたいな事務所もある。)

 

普通にテレビを見ていたら『アイドル候補生』の存在を知ることはあまりないだろう。

 

しかし『アイドル』ではなく『アイドル候補生』を応援しているファンも、確かにいる。

 

『アイドル候補生』が『アイドル』としてデビューすることを、確かに待ち望んでいる人たちがいる。

 

『アイドル候補生』がデビューしたとき、その子と一緒になって、喜べる人たちが確かに存在している。その人たちはその『アイドル候補生』を推しているから。

 

推しがデビューできなければ悲しんでもいい

自分が推してる『アイドル候補生』がデビューしたら喜べる、ということは、裏を返せばデビューできなかった場合は悲しいということだ。

 

正直なところ、自分の推してる子がデビューできないなら、ファンは悲しんでいいと思う。

 

ファンだって人間だ。自分の推しが「アイドルになりたい!」と言ってるのに、デビューできないのだとしたら、それは悲しくなるのも仕方ない。

 

というか悲しめるときに悲しまないと、あとでもっともっと悲しくなると思う。

悲しむことは悪いことじゃないんだよ。

 

ひどいことを言われてデビューするアイドルもいる

自分が推してる『アイドル候補生』がデビューできなかったら、悲しむ人がいる。

 

だけどその一方、自分が推してない『アイドル候補生』がデビューすると、それに対して怒りを覚える人もいるのも事実で。

 

つらい現実だけど、ひどいことを言われながらデビューするアイドルもいる

 

「自分が推してる子の方が歌やダンスがうまいのに、なんであいつがデビューするんだ」

「デビューしたあの子はまだ芸歴が浅いのに、どうしてデビューできるんだ」

 

このように様々な理由で、デビューを応援されないアイドルがいるのだ。

 

そうだよね。自分が推してる子に、デビューしてほしいものね。

自分が推してる子以外がデビューしたら、悲しいし、なぜか怒りたくもなってしまうよね。

 

でもだからって、デビューした子に、怒りをぶつけてもいいのだろうか?

 

デビューできたアイドルを傷つけないようにしよう

推しを応援する気持ちは『推しているから』こそ輝くもので、それは素晴らしいと思う。

 

だけど推す気持ちが強いからって、自分の推し以外がデビューしたときに、そのアイドルを傷つけてもいい、なんて免罪符にはならない

 

デビューできる基準なんて、事務所の人間にしかわからない。

自分の推しがデビューできないのは悲しいよね。悲しいよ。

 

でも悲しいからって、誰かを傷つけていいわけじゃないんだよね。

 

感情ってのは難しいけど、自分の推し以外がデビューしても、傷つけないようにしよう。