膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク

岸辺露伴の一人称が『ぼく』なのは16歳で社会人になったから説

岸辺露伴の一人称が『ぼく』なのは16歳で社会人になったから説

筋トレしながら見るジョジョは楽しいなァ…

オタクの膝野まえ(@hizano_mae)です。

 

ジョジョの奇妙な冒険第4部に出てくる、岸辺露伴の話をしていいですか?

露伴ってあんなに俺様なキャラクターをしているのにですよ?

一人称が『おれ』じゃなくて『ぼく』なの、ギャップがやばくないですか?

 

それでなぜ露伴が『ぼく』と呼ぶのかを考えてみたんですけど、それは彼が16歳で漫画家デビューしたからだと思うんですよね。

元々『ぼく』呼びだった可能性なんて考慮してない。

 

俺様な性格なのに一人称が『ぼく』なのはなぜか?

岸辺露伴の性格って、だいぶ俺様じゃないですか。

たとえばそうですね………初めて露伴が、幽霊が出る小道を見つけたときのことを思い出してみましょう。

 

露伴は康一くんに「一緒にあの小道に行ってみよう!」と誘ったものの、康一くんに断られてしまいます。

けれど断られた露伴は「ふ~~~ん。ぼくが頼んでるのにたった数メートル歩くだけのことを君は拒否するんだね」と言い放つんですよ。断られてるのに。

(しかもアニメ版だとメチャメチャ嫌味っぽく言ってる)

かなり俺様ですよね。

 

っちゅーか露伴って、基本的に何するにしても「""この""岸辺露伴が言ってるんだぞ」みたいな勢いじゃないですか。

一人称(?)が「この○○(自分の名前)」の人は、大体俺様です。DIOも「このDIOがァ」って言うし。

 

でも露伴の一人称は『ぼく』なんですよ。

 

何このギャップ?

 

こんなところでギャップ狙えます普通?

 

だから私は、岸辺露伴の一人称が『ぼく』である理由を、必死に考えたんです。

 

………そして気付いてしまいました。

岸辺露伴の一人称が『ぼく』なのは、彼が16歳で社会人になってしまったからなんです。

妄想だってわかってるよ…

 

 

男性は社会人になると一人称が変化する

まずは一般論の話をしますね。

学生の頃は一人称が『おれ』だった男の子は、会社勤め(社会人という言い方でもいい?)になると一人称が変わることが多いです。

ほとんどの男性が一人称を変えることでしょう。

 

そんで一人称が何に変わるかっていうと、それは『わたし』『自分』『ぼく』です。

 

第3部で改造学ランを着てた空条承太郎ですら、大人になったら『わたし』呼びになってるんですよ?

 

ということは、4部が始まった時点で既に社会人である露伴が『わたし』『自分』『ぼく』のいずれかの一人称を用いることは、ごくごく自然なことですよね。

 

しかも露伴は16歳で漫画家デビューしてるわけじゃないですか。

4部の露伴は20歳です。社会人5年目。

 

…たとえ16歳より幼かった頃の露伴の一人称が『おれ』だとしても、『わたし』『自分』『ぼく』に変わるには十分な時間があります。

 

 

16歳が社会で使いそうな一人称は『ぼく』

そもそも16歳のときの露伴は、出版社の人と会うことになって、どんな一人称を使ったんでしょうか?

1人の漫画家として、1人の社会人として、自然な一人称は何でしょう?

 

………16歳の男の子が、社会人として使いそうな一人称って『ぼく』だと思うんですよね。

 

ジャ二○ズの若い子たちだって、テレビのインタビューに答えるときは「ぼくは~」って言ってるし。

(ジャ二夕レの子たち、同じグループの人しかいないときは一人称が『おれ』なのに、アナウンサーにインタビューされるときは『ぼく』なのはヤバイ。永遠にそのままでいてほしい)

 

だから16歳で漫画家デビューした岸辺露伴も、出版社の人相手に『ぼく』という一人称を使ってたんじゃないかと考えられるのですよ。

 

 

仕事での一人称がプライベートにも影響を及ぼした

この記事を読んでいるそこのあなた。

「いやいや、出版社相手には『ぼく』でも、プライベートでは『おれ』だったかもしれんやん~w」と思うかもしれませんね。

誰だってそー思う。おれもそー思う。

 

…ではここで、16歳だった岸辺露伴が出版社相手に『ぼく』という一人称を使っていた、と仮定しましょう。

 

漫画を描くことに人生を賭けてる露伴であれば、16歳の頃はきっと「自分の漫画がいかに読まれるか」に苦心したに違いありません。

 

出版社の人と、何度も何度も打ち合わせをしたことでしょう。

 

学校の同級生よりも、出版社の人と顔を合わせた回数の方が多いでしょう。

 

仮に16歳の岸辺露伴が、学校では自分のことを『おれ』と言っていたとしてもですよ?

 

出版社で自分のことを『ぼく』と言っていた回数の方が多いだろうことは、想像に難くありません。

 

こうして出版社の人と接していくうちに、露伴の一人称は自然と『ぼく』になっていったのです。

 

 

そう、プライベートでも違和感なく『ぼく』と言ってしまうほどに………

 

 

まとめ:岸辺露伴が『ぼく』呼びなのは16歳で漫画家として社会人になったから

16歳で漫画家デビューしたゆえに、16歳で社会人として振る舞わなければならなかった。

ゆえに露伴の一人称は『ぼく』である。

はい、とても納得がいきますね。

 

 

…あの、その、言われなくてもわかってます。

これが全部私の妄想であることは…

幼少期から『ぼく』だったかもしれないしなァ…

 

 

露伴先生が初登場する回で、自分のことを『わたし』と呼んでるのもそれはそれで有りだと拝んでしまったアラサーからでした。