膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク

新曲『令和』を出したゴールデンボンバー、23年後の大学入試に出ます

新曲『令和』を出したゴールデンボンバー、100年後の大学入試に出ます

れーいーわー!

膝野まえ(@hizano_mae)です。

 

これは私の未来予知なんですけど、23年後の大学入試にゴールデンボンバーが出てくると思うんですよね。

なぜならゴールデンボンバーの新曲『令和』は、歴史的な価値がある歌だからです。

23年後の大学入試に『ゴールデンボンバー』が出ます

23年後の大学入試の問題に『ゴールデンボンバー』が出題される可能性、ハッキリ言ってあると思います。

なぜなら彼らは2019年4月1日に、歴史的な歌を出したからですね。

 

そう、『令和』です。

 


ゴールデンボンバー/令和 Full size

 

かなり明るめの歌で、聴いていると楽しくなりますね。

今年の紅白は『令和』で出てほしいです。これ絶対盛り上がるでしょ…

心なしかDA PUMPの『U. S. A.』をリスペクトした感じがあって好きです。

ちなみにテレビで新曲『令和』が初お披露目だったときも、ゴールデンボンバーの皆様はDA PUMPの皆様に絡みにいってました。

 

話を戻しましょう。

 

ゴールデンボンバーは『令和』をリリースしたことにより、23年後の大学入試に出題される可能性が生まれたのです。

 

というか99.9%出ると思います。

 

これを読んでるあなた!

「何をざれごとを~ww」とお思いかもしれませんが、きちんと根拠はあります。

出題例もしっかり思い描けるくらいなので、やはりゴールデンボンバーは大学入試に出題されるでしょう。

歴史の教科書に出てくるのはね、エライ人じゃなくてスゴイ人なんですよ。

 

 

本来なら『令和』なんて歌が出せるわけがないのに出せたから

本来の改元であれば、『令和』なんて歌、絶対に出せるわけがないんです。

改元が通例どおりだったら「ゴールデンボンバーの『令和』は不謹慎だ!」と言われてしまったかもしれません。

 

改元するときは本来なら自粛ムードが予想される

ではここで、改元について簡単におさらいしましょう。

明治以降では改元するタイミングは、そのときの天皇が崩御あらせられるときでした。

(明治以降は『一世一元の制』が制定され、「1人の天皇につき1つの元号を使う」ことになっている)

 

だから今までであれば、改元するときって要は、日本中が喪に服するときだったんですよね。

 

昭和から平成に改元するときは、テレビ番組も暗かったり、あらゆるお祭りやお祝い事が自粛されたと聞きます。

 

これを踏まえて考えてみましょう。

もしも平成から令和への改元も、自粛ムードが日本中を覆っていたら?

 

「『令和』なんて歌は不謹慎だ!」と叫ばれていたかもしれないんです。

  

ゴールデンボンバーの『令和』は改元が明るかったことを象徴している

しかし今回の改元は生前退位です。

元号が変わるということが明確に決定づけられて、日本中のあらゆるところで多くの人が「平成最後の○○」を楽しみました。

 

このように「新しい時代がくるぞ!」という高揚感があったからこそ、ゴールデンボンバーの『令和』が生まれたんだと思います。

 

ゴールデンボンバーの新曲『令和』がとても明るいのは、「平成から令和への改元は明るかったんだよ」ということを象徴しているようで、とても素敵ですよね。

 

 

出題例!これが23年後の大学入試だ

つまりゴールデンボンバーの『令和』は、『平成から令和への改元の象徴』なんですよ。

だから23年後あたりの大学入試に出題されてもおかしくないんです。

 

というわけで今から、23年後に出るであろう大学入試を出題します。

 

 

問題1「平成から令和へ改元されるとき、邦楽『令和』を制作したのは誰か。」

 

問題2「邦楽『令和』が制作されたことから、この時代の改元の背景がいかなるものだったといえるか。40字以内で述べよ。」

 

 

……そこのあなた、答えは出ましたか?

 

 

………では回答例を見てみましょう。

 

 

問題1の回答例「ゴールデンボンバー」

 

問題2の回答例「一世一元の制ではなく生前退位で改元されたため、国民の生産活動が活性化した。」(37文字)

 

 

………問題2に関しては他にいい回答がある気がしますね。

 

 

『令和』は歴史的価値がある歌なので出題されます

ゴールデンボンバーが新曲『令和』を出せたのは、今回の改元がとても明るい改元だったからなのが根底にあるんですよ。

 

だからゴールデンボンバーの『令和』って、歴史的にすごく意味のある歌になったと思うんです。

 

「平成から令和に改元するときってこんなに明るい歌があったの?すごく明るい改元だったね」ってわかるじゃないですか。

 

なので23年後の大学入試で絶対に出ると思うんですよね!!

なぜ23年後かといえば、『令和』はゴールデンボンバーの23枚目のシングルだからです。

 

100年後の難関私学文系(日本史)の問題にゴールデンボンバーが出てそうだな、と予想してる平成生まれの女からでした。

 

【参考リンク】

一世一元の制(いっせいいちげんのせい)とは - コトバンク

過度な“自粛ムード”を懸念された陛下の想い 新元号発表の朝に30年前を振り返る - FNN.jpプライムオンライン