膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク
 

あえてバラが咲いていないときに旧古河庭園に行くメリット3つ

 

あえてバラが咲いていないときに旧古河庭園に行くメリット3つ

東京の観光名所をボチボチ巡っています、膝野まえです。

バラが咲き乱れることで有名な旧古河庭園に行ってきました!

 

ですが7月頭にバラが切られていたらしく、私が行ったときにはバラは1輪も咲いていませんでした。

 

でも楽しかったよ!

みんなもあえて夏に、旧古河庭園に行ってみよう!

 

旧古河庭園とは

和と洋が融合した東京都北区にある庭園

旧古河庭園とは、洋館・洋風庭園・日本庭園と、和と洋が融合した大正初期に造られた庭園。

東京都北区にあり、JR山手線駒込駅の北口から歩いて約12分のところにあります。

駅から歩いているとファミマが何軒かあるので、Tポイントカードを使いたい方はどうぞ!

ちなみに旧古河庭園は、障害者手帳を見せると無料で入れますよ~。

 

バラの名所としても有名だけど7月にはバラが咲いていない

さて、旧古河庭園はバラの名所としても有名です。

洋風庭園には数多くの種類のバラが植えられています。

秋に行ったこともあるのですがスゴく綺麗でしたよ!

ここのバラは本当に綺麗なので、デートにはオススメです。

推しデートスポットですよマジで。

 

…しかし7月の頭にはバラが切られてしまっていたそうで。

 …つまり7月はバラがないということですね。

それでも私は7月の旧古河庭園に行ってきました。洋館も見たかったし!!

行ってみたら楽しかったから、みんなも行ってみてほしいんだ。

 

そこで、あえてバラが咲いていない時期に旧古河庭園に行くメリットを3つ挙げたいと思う。

 

 

バラが咲いていない旧古河庭園に行くメリット3つ

ほぼ貸し切り状態になる

バラが咲いていないということもあるのか、人が少なかったです。ほぼ貸し切り状態でした。

私が行ったときは、他に2人しかいませんでした笑

人が少ないので写真を撮る際も、建物やお庭の風景に誰かが写りこむ心配をそこまでしなくても大丈夫ですw

 

正面から撮った洋館

正面から撮った洋館

「ここが私の家でーす!」と言っても、ちょっとくらいなら信じてもらえそうなほど、他に人がいません!!笑

バラが咲いている時期だと、絶対にもっともっと人いるからね…!

 

日本庭園にある『心字池(しんじいけ)』

日本庭園にある『心字池(しんじいけ)』

庭園内にある日本庭園には『心字池(しんじいけ)』という池があります。

言わずもがな、池の周りには誰もいませんでした…!

こんなに広いのに誰もいないので「もはやこの庭園は私の所有物では…?」と錯覚してしまうくらい、私の独壇場でしたよ…

一周しても全然人に会いませんでしたからねw

観光の時期を外すって、とんでもないメリットがあるなと思いました。

 

緑を楽しめる

バラが咲いていないバラ園

バラが咲いていないバラ園

夏らしい緑を楽しめます。

だってパンフレットを見たら、旧古河庭園で花が咲いていない時期って7月・8月・12月しかないそうなんですよ。

しかも12月なんて緑すらない季節じゃないですか。

 

なので花が咲いておらず、こんなに豊富な緑を楽しめることって、今の時期しかないわけです。

 

夏だって花(ヒマワリとか)は咲くのに、それでも旧古河庭園には花がないんすよ…

バラの名所なのに、緑を楽しめるんすよ…レアじゃないですか?

めっちゃ正確にいうと入り口のところに若干の花は咲いてます。

 

バラの説明をゆっくり見れる

『シンデレラ』というバラ

『シンデレラ』というバラ

バラが咲くエリアには、バラの説明書きも立てられています。

秋に行ったときは、人も多かったのであまりゆっくり説明を見れなかったんですよね…

ですが今回は!人が少ない!!

ということでゆっっっくりバラの説明を見ることができました。

他のお客さんに気兼ねせずに説明を読めて、勉強になりましたよ…バラにも色んな種類があるんですね…

『シンデレラ』『マダム・サチ』『クイーン・エリザベス』といった名前のバラがあって驚きました。

『クイーン・エリザベス』はイギリスのエリザベス女王にちなんで名づけられたそうな。

自分の名前が花の名前になるってなかなかないよね。

 

一番ときめいたバラは『初恋』

色々バラの説明書きを見ましたが、一番ときめいてしもうたのは『初恋』というバラです。写真撮り損ねたの悔しすぎる…

もう感傷の塊みたいな名前じゃないですか?

 

ただの恋じゃないんです。

 

『初恋』なんですよ?

 

しかも『初恋』ってね、白いバラなんですよ。

その真っ白な花びらが、恋によってピンクにでも染まるんでしょうか…

それかその白は、かつては赤く燃え上がったような初恋も、時が経って他の恋を経験して、まっさらで純真無垢な記憶になったのを表しているのでしょうか?

恋愛と無縁すぎてどう解釈すればいいのかわかりません。

 

 

バラが咲いていない旧古河庭園に行く唯一のデメリット

バラの名所なのにバラが咲いてなくとも、旧古河庭園は十分に楽しめます。

しかしこの世界に光と影、コインに表と裏があるように、何事も良いことばかりではありません。

バラが咲いていない旧古河庭園に行くのも例外ではなく、デメリットは存在します

 

唯一のデメリット、それは……

 

咲き乱れるバラを見られないことです。

 

次はバラが咲いている頃に行きたいですね。

 

それでは、バイビー。