膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク
 

魔法騎士レイアースの結末がしんどい!他に適任がいるはずでは?

魔法騎士レイアースの結末がしんどい!他に適任がいるはずでは?

中学2年生になれば異世界に召喚されることを夢見ていました。アラサー独身女の膝野まえです。

冒頭から察することができた方もいるかもしれませんが『魔法騎士レイアース』という少女漫画が好きでした。

ところで私は未だに、どうしてあんな結末を迎えてしまったのか、しんどくて仕方ありません。

 

なぜエメロード姫は女子中学生を召喚した?

 

※命や死に関する描写があります。苦手な方は読まないでください。

ネタバレ注意

『魔法騎士レイアース』のあらすじ

社会科見学でたまたま東京タワーに居合わせた、光(ひかる)、海(うみ)、風(ふう)という3人の女子中学生。

彼女たちが、エメロード姫によって異世界セフィーロに召喚されるところから物語が始まります。

エメロード姫は、異世界セフィーロを支えている存在。

その姫は、悪者である神官ザガートにさらわれて、今は捕らわれの身となっているのです。

3人の少女は、さらわれたエメロード姫を救うべく、異世界セフィーロを旅することになりました。

 

 

第1部の結末がしんどい

この漫画のあらすじ、一見すると「悪者にさらわれたお姫様を助けるぞ!」みたいな、よくあるRPGじゃないですか。

 

でも実際はメチャメチャしんどい話なんですよね。

 

なんでエメロード姫が光・海・風をセフィーロに召喚したかっていうと「自分の命を絶ってほしいから」ですからね。

 

姫は、セフィーロの平和を願い続けなければいけなかった。

けれど姫は神官ザガートに恋をしてしまって、セフィーロのことを想うことができなくなってしまった。

そうなってしまうと、いずれセフィーロは滅んでしまう。

なので姫は自分の命を絶つことを決めるのだが、自分から命を絶つことは許されない。

また、セフィーロの人間が、姫の命を絶つことも許されない。

 

だからエメロード姫は、自分の命を絶ってもらうために、異世界の人間である光・海・風を召喚した。

 

これが、光・海・風がセフィーロに召喚された本当の理由だった。

 

光・海・風の3人は、自分たちがセフィーロに召喚された本当の理由を知り、動揺する。

けれど最後は、エメロード姫の願いを叶えたのだ。

それはつまり、悲しい結末になってしまったんだけど。

 

※ちなみにここまでの展開が『魔法騎士レイアース』の第1部の話になります。この続編にあたるのが第2部ですね。

 

 

召喚する相手はもっと適任がいた説

女子中学生には苦行すぎるでしょ!!

いやいや、こんなん普通の人間にはできませんって。

だってもし自分が異世界に召喚されて「姫を助けに行ってね☆」と言われたのに、実際は「姫の命を…絶ってください…」だなんて、ただの悪夢でしょ。

そりゃ東京タワーに戻ってきたあとに「こんなのってないよー!」と叫ぶよ…

せめて、せめてもう少し、物事を割り切れる人を召喚した方が良かったんじゃなかろうか…

 

というかCLAMP先生の世界になら、絶対に他に適任がいるはずなんすよ。

 

『ツバサ』で全てのCLAMPワールドが繋がったじゃないですか…そこから3人を選抜してきましょう。

ここであえて木之本桜を選抜したらマジでえぐい。

 

それで私なりに考えてみたんですけど、桃生封真と麒飼遊人と桜塚星史郎の3人とか絶対に適任だと思うんですよね。

『ツバサ』というか完全に『X』からの選抜ですが…

この3人が召喚されたら、少なくとも「こんなのってないよー!」と叫ぶ最終回にはならないでしょう。

魔法騎士としての使命を良くも悪くも全うしてくれそうです。

というか、かなりアッサリしたエンディングになりそうで、それはそれで嫌ですけど…

 

 

やっぱり光・海・風が適任だった

とはいえ、光・海・風がいないと人間ドラマが生まれない。

フェリオは風ちゃんと出会って恋をした。

アスコットは海ちゃんと出会って成長した。

光ちゃんがいたから、イーグルは救われた。

ところで光ちゃんのニブチンっぷりはスゴくないですか?

 

彼女たちがいなければ、このような人間ドラマが生まれることは、なかったのではないだろうか?

 

もしも桃生封真と麒飼遊人と桜塚星史郎が召喚されたら連載じゃなくて読み切りになるスピードで物語が終わりますからね、おそらく。

 

…やっぱり魔法騎士は光・海・風が適任だね!

 

誰か1人の想いを犠牲にする世界はつらいよなぁと痛感した独身アラサーオタク女からでした。