膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク
 

診察のときに患者よりも先に感情的になる精神科医はどうなのか?

診察のときに患者よりも先に感情的になる精神科医はどうなのか?
昔は健康優良児だったのですが、今では毎月通院するようになった病人です。

双極性障害Ⅱ型というメンタル疾患を持っています、膝野まえ(@hizano_mae)です。

 

私が通っているのは『精神科』ですが、何度か病院を変えたり、同じ病院でも先生が変わったりしてるんですよ。

それで5~6人の精神科医を見てきて思ったのが「感情的になって話してくる精神科医は問題では?」ということです。

 

精神科医でも患者でも、感情的に話すのはどうかと思うけども…

以前の主治医が感情的にしゃべってきた件

私が以前通っていた病院の主治医は、結構長い付き合いでしたね。

おそらくですが1~2年くらいは診てもらっていたかな?

まあそれだけ長いと、それなりに衝突することもあるのが人間といいますか…笑

 

ある日の診察、私が「最近こういうことがあってイライラしたんですが…」と言うと、当時の主治医は「ほらー!」と言ってきたんですよ。

 

心の中で私は(え???)と思いました。

 

いやもう、この「ほらー!」って言い方自体がちょっと医者という立場としてどうなの?と思ったり…プライベートで話してるんじゃないんだから…

 

そして主治医は続けざまに「前も○○だった、その前も○○だった、だからあなたはカウンセリングに行くべき!」と言い放ちました。

 

このあと、どんな風にして診察が終わったのかあまり覚えていません。

お互いに言い合いみたいに発展したな~って気はしますが…

なにせ1年以上前のことなので…細部までは思い出し切れないです笑

 

とりあえず覚えてるのは、主治医がずっと感情的だったということ。

 

そして結局、私は自分の話を最後まで聞いてもらえなくて悲しかった、ということです。

 

 

医者だって人間だから感情的になってもよいが…

もちろん、「医者に感情的になるな!」とは言えません。

逆に一切の感情がなさそうな医者は、めちゃめちゃ怖いでしょうからねw

もしくは、患者に興味がなさそうな医者とかもスゴ~~ク嫌ですし…w

だから、医者が感情的な人間であること自体は、悪くないと思います。

 

ですが診察、しかも精神科という現場。

 

当たり前ですが、患者は精神が不安定な人が多いです。

 

だというのに、患者ではなく医者から先に感情的になるのは、医者として問題では?

 

患者は「自分の心身を良くしたくて」病院に行っています。

だというのに、その病院にいる医者が、患者を苦しめるような言動をするのは、本末転倒では?

 

まあ、患者も「メンタルがボロボロだから私は感情的になってもいいよね!?」とおごり高ぶらないようにせんといかんけどね!!

 

 

せめて診察のときは感情的にならないでほしい

「医者は感情的になるな!」とは言わないけど、せめて診察のときは感情的にならないでほしいです。

そりゃ医者だって人間だから、感情的になることがあるのは当然。

こっちだってわかってますよ、医者が人間だってことは。

 

けど患者は精神が不安定で、些細なことで心身の体調を悪くする可能性だって、健康な人よりも十分にありえるんです。

 

「どうしても感情的にならざるを得ない!」って言うんなら、早くAI診療を導入してほしいですね…w

 

【関連記事】

www.hizano-mae.com

 

マジで早くAI診療にならないかな…

だっていくら医者に「感情的になるな!」とお願いしても、さすがに限界はあるじゃん?

それに患者だって感情的になるかもしれんしね。というか患者の方が感情的になりやすいだろうし。

患者も医者も感情的になったらお互いにメリットないから、はよAI診療を…

 

精神医療がもっと進むことを望んでいる、メンタル疾患者のアラサー女からでした。