膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク
 

自分は精神疾患を騙っているだけなんじゃないかと不安になる

自分は精神疾患を騙っているだけなんじゃないかと不安になる

いつも元気な感じでやってます、双極性障害という精神疾患持ちの膝野まえです。

この夏は日本刀を見に行ったり、都内の庭園に行ったりして充実した日々を過ごしている。

 

わりと元気だと思ってるんだけど、元気だからこそ、自分の病気について心配になるところがある。

 

私は本当に精神疾患者なんだろうか。

 

双極性障害の診断はおりている

2016年の秋に、双極性障害Ⅱ型という精神疾患の診断をもらった。

双極性障害というのは『軽躁状態(=気分がハイな時期)とうつ状態(=気分がローな時期)を繰り返す病気』だ。

 

軽躁状態のときの私は、他人を思いやることなく、迷惑行為をたくさんしてしまった。

そのせいで人間関係も壊してしまった。

 

反対にうつ状態になったときは、寝返りを打つことすら苦しかった。

物事を考えることが辛く、もう二度と元気になれないとすら思った。

 

もしかして病気に甘えているんじゃないか

今は症状にあった薬を飲んで、比較的落ち着いた状態にはなっている。

旅行に行けるくらいには元気になれた。

 

しかしだからこそ、今の自分は本当に病気なのかと、疑ってしまう。

 

病気であることを免罪符にして、甘えてはいないだろうか。

精神疾患を騙って、遊んでいるだけなんじゃないだろうか。

本当に自分が精神疾患なのか、わからなくなってしまう。

 

自分が精神疾患なのかわからなくなるとき

長時間歩けるとき

精神疾患者の中では、わりと元気な方だと思う。

徒歩1時間で行ける場所なら、歩くことを苦とは感じない。

1駅分くらいなら、電車じゃなくて徒歩で向かう。

運動した方が良いだろうし、歩いてナンボだと思ってる。

この間、仙台旅行をしたんだけど、6時間くらい歩き続けることができた。

健常者でもわざわざ6時間歩き続ける人は、いないんじゃないだろうか。

 

むしろ自分が精神疾患だと思うとき

嫌なことを思い出してイライラするとき

朝から嫌なことを思い出して、イライラしてしまうときがある。

それで一日中イライラすることもある。

思い出したところで何の生産性もないし、私だっていちいち嫌なことを思い出したくなんてない。

しかしどういうわけか思い出して、ずっとイライラしてしまう。

最近は、嫌なことを思い出す時間を作り出さないように、楽しいことをしてはいるけども。

他の対処法としては、ブログにうまいこと書いて、イライラを発散させている。

(精神科医に対してイライラしていたときに「AI診療の方が良いよなぁ」と思いながら記事を書いたら、結構読まれた)

 

1つの失敗に何時間も落ち込むとき

こんなことするんじゃなかった、と後悔すると、何時間も落ち込む。

「失敗したけど、まあいっか」という気持ちにはならない。

特に他人が関わる場合は、余計に考え込んでしまう。

「あの人はそこまで気にしていないだろう」と頭ではわかっているんだけど、心はそれに追いつかない。

一度「どうしてこんな失敗をしてしまったんだろう」と思うと、少なくとも1時間くらいはクヨクヨしている。

しいていうなら、翌日にまで落ち込まなくなったあたりは、前よりは進歩したかな。

 

誰かの発言を何時間も引きずるとき

他人が発した一言を、何時間も引きずってしまうことがある。

もちろんその人の発言には、何の悪意もない。

誰かがそこまで深い意味もなく発した「最近うつでさー」という言葉を聞くのは、正直つらい。

気になってしまうと、何時間も気にするし、翌日以降も気にしてしまうことがある。

特に、私が病気であることを知っている人がそのような発言をすると、とても悲しくなる。

まあ、言っている人によっては、気にしないときもあるんだけどね。

 

精神疾患っぽいところもある

もしかしたら自分は、精神疾患を騙って甘えていたんじゃないか。

そんなことを考えて、ちょっと心苦しくなっていた。

だからこうして書き出してみたけど、精神疾患っぽいところも意外とあるなぁ!笑

精神疾患っぽいことを喜びたくはないけども笑

こうして元気に行動できているのも、薬を飲んでいるおかげかもしれないしね。

 

元気なときもあれば落ち込むこともあるだけ

私は元気なときもあるし、落ち込むこともある。

病気だから薬も飲んでいる。

ただの、そんな人。

 

それでは、バイビー。