膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

食べ過ぎても泣くし、食べたい気持ちが出てきただけで泣く。つらい。

食べ過ぎても泣くし、食べたい気持ちが出てきただけで泣く。つらい。

歯を磨きながら泣いた。泣きながら歯を磨く自分の顔は、想像以上に丸くて大きかった。

気付けば、去年の夏から8kg太った。すごくつらい。

 

とまあ、今日の記事はこんな感じで、終始暗いから、苦手な人は読まない方が良い。

 

今はこのつらい気持ちを、ここに置いてしまいたい。

 

 

ここ1ヶ月近くのこと。

夕飯を食べ過ぎて泣く。今思い出しても涙が出てくる。つらい。

 

かといって夕飯を少なめにしても、「食べたいな」という気持ちが出てくると、もうだめだ。泣いてしまった。

 

夜の11時だった。こんな時間に食べたら太るし、胃腸にも負担がかかる。だから食べない方がいい、と頭ではわかっていても、「食べたい」気持ちが押し出てきて、泣いてしまった。

食べたくて食べたくて仕方なくて、泣いてしまった。

つらかったから、パスタを食べた。笑顔で食べ終えることができた。

 

 

パスタを食べ終えて、鏡を見ながら歯を磨いているとき。すごくつらくなった。

 

なんで食べるのをやめられないんだろう、とか。

 

食べたら太るってわかってるのに、どうしてこんなに食べるんだろう、とか。

 

まだ私が標準体重だった頃に、一緒に遊んでくれた人とは、今は会いたくないな、とか。

 

太っているのは自己管理がなってないと思われるのかな、とか。

 

すごくつらくて、泣きながら歯を磨いた。

 

鏡に映る自分は、丸くて大きな顔をしていて、こんなはずじゃなかったのに、って思った。

 

 

現在、精神科には月1で通院しているけれども、そこでは過食症と診断はついていない。

でも、ちょっとだけ。ちょっとだけ、考えている。過食症に詳しい病院を探した方が良いのかな、と考えている。

食べたものを吐いたりとか、なんとしてでも吐こうとか、そういうことはしていないけども、やっぱり食べすぎだなって思うので。

 

 

「太っている人は自己管理が出来ていない」と言う人がいる。

そこらへんを見渡せば、そういう人を見掛けることはあるだろう。うるさいなぁって思う。

とはいっても、私は自分が、自己管理が出来ている方だとは、到底思っていない。

自己管理が出来ていないから、泣きながら夕飯を食べるし、体重が増えて泣くし、鏡に映った自分を見て泣く。今は深夜2時だ。今も泣いてる。

痩せられないのがつらくて、どうしても食べるのがやめられないのがつらくて、どんどん太っていくのがつらくて泣いてる。

別に「太っている人は自己管理が出来ていない」が、私に直接向けられた言葉じゃなくとも、すごくつらい。

 

食べ過ぎて泣いて、食べたい気持ちが出てきただけでも泣いて、それでも何が一番つらいかって、それはきっと『他人から見下されるようなこと』がつらいんだと思う。

 

「こいつは太っていて可愛くない」とか「こいつは太っているから自己管理が出来ていない」って思われるのが、何よりつらいんだな、と思う。

 

けど、そんなに他人に振り回される意味はないな、とも、頭では理解している。

なにせ、他人の記憶なんてすごい適当で。

たとえば私が6kg増えたりしたときに「痩せたね!」と言ってくる人は、少なからずいるものだ。

自分が想像しているより、他人は自分を見ていない。他人の記憶にいる自分は、とてもおぼろげなんだ。

 

だけどやっぱり、他人の目って気になってしまうんだよなぁ。

 

つらいなぁ。太りたくて太ったわけじゃないし、どうして泣きながらご飯を食べるんだろう。つらいよ。

 

一晩寝たら、元気になれるかな。おやすみ。