膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク

【大千秋楽ライビュ】舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ

【大千秋楽ライビュ】舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ

審神者のみなさん、連隊戦の調子はどうですか?

まだまだ夜光貝を収集している、膝野まえ(@hizano_mae)です。

刀ステ慈伝がついに大千秋楽を迎えましたね!!

運よくライビュが当たったので、観に行ってきました。

実際に凱旋も観に行きましたが、やっぱり慈伝は面白い…!(他のシリーズも面白いけども!!)

 

というわけでネタバレ感想を書きます。(とはいえ舞台を観劇したときに、本編のことは色々書いてるので、今回はわりと端折ります)

円盤待ちの人は気を付けてね。

本編の感想

しょっぱなから映像で始まる聚楽第。

実際の舞台でも、映像で始まった聚楽第。

映画館で見たら、ますます映画っぽくて「ライビュで慈伝が初見の人は混乱するのでは?」と謎の心配をしてしまった。

 

そして始まる、楽しすぎるオープニング…!

 

ここからようやく「舞台が始まった」感じがした笑

 

ところで、舞台観劇とライビュの違いなんですけども。

や~~~ライビュは、キャストさんのお顔がよく見えること。

スクリーンの限界にまでアップになる、キャストさんのお顔がマジでやばかった…

長義くんってあんなに艶々リップだったの?

観劇したときは席が遠かったからか、そこまでわからなかったよ…綺麗すぎでしょ…神のいたずらか…

観劇の方が臨場感はあったけど、ライビュは「今観るべき人」を映してくれるから、その点はライビュの方が有り難い気がした。

本作を観劇するとなると、本当に「目が足りない」としか言えなくなるからね。円盤が出たら全景映像で確認しよう(?)

 

なんかもう記憶が飛びすぎててワケがわからないんですけど、大包平がめちゃめちゃ元気すぎて笑ったことは覚えてる。

やっぱりあれか、大千秋楽だから元気になってしまったのか?笑

ってか三部隊で戦うところ、本当にカッコいいー!!

猫の手ならぬ、粟田口(藤四郎だっけ?)の手…マジでカッコよかった…

 

カーテンコールの感想

和田くん(歌仙兼定役)が句を詠んだあと、他のキャストさんが「僕は句を用意してませんが」と続けるの、ノリがよくて笑ったwww

磯野くん(大典太光世役)は、句を蔵に置いてきちゃったらしいよ…笑

 

キャストさんの個性と、演じた役柄の個性をあわせたようなコメントって、ひねりが効いてるというかなんというか率直に申し上げると好きです。

(もちろん、両方の個性をあわせる必要はないし、どんなコメントも好きだけどね)

 

というかカーテンコールも色々あったはずなんだけど、元気すぎる加藤くん(大包平役)の印象が強すぎる。なんであんなに元気なんだ…

隣の前山くん(鶯丸役)に「ライビュのカメラはどこ?」って聞いてるの、ほんとに愛おしいが止まらない。

あんなに爽やかな好青年が実在してるこの世界すごすぎでしょ…

もう、前山くんが加藤くんを「天才」と表現してるの、めちゃめちゃわかる。天才大包平。

 

いやもう全然記憶が蘇らない…オタクはすぐ記憶があやふやになる…

 

 

次回作について

カーテンコールが終わったあと、スクリーンいっぱいに次回作のCMがね、始まったんですよ。

思わず息を呑むじゃないですか…呑んだんですよ。

 

そして『入電』のテロップ。

 

「あ~~~文久土佐藩!!」とウキウキですよ。

 

出陣する刀剣男士は、陸奥守吉行、肥前忠広、南海太郎朝尊…

ここまでは予想できるじゃないですか。

すると次に和泉守兼定って出てきて…出てきて……会場は黄色い悲鳴が上がりましたよ。

兼さんくるんだ~~~!!しかも堀川くんも出るし!!!また悲鳴ですよ!!!!!

最後は鶴丸~~~~~すんげ~~~このメンバーに鶴丸を入れるのか…南海先生と罠しかけまくったりしないか大丈夫か!?めっちゃ観たい!!

 

あーー次回作の発表でもう完全にトドメを刺されました。やばいよぉ…

 

次回作からは、むっちゃんメインでストーリーが進んでいくのかな?

まんばちゃんも長谷部もいなさそうだし(追加キャストの可能性はあるけど、これまでで二人の物語はすごく進んだもんね)、刀ステも新しくなっていくのか…?

 

ひとまず、キャストの皆さん本当にお疲れ様でした!楽しい舞台を本当に、本当に有難うございましたー!!!