膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク

徳川ミュージアムで燭台切光忠や太刀児手柏の再現作を見てきた

徳川ミュージアムで燭台切光忠や太刀児手柏の再現作を見てきた

茨城で道に迷ってたら、知らないおばあさんが道を教えてくれました。

おばあちゃん、ありがとう。

膝野まえ(@hizano_mae)です。

徳川ミュージアム(徳川博物館)で日本刀を見てきました。

焼けた日本刀とか、焼けた日本刀を再現した刀とか…!

徳川ミュージアムに行ってきた

徳川ミュージアム(徳川博物館)は、名前のとおり徳川家に関する資料が展示された博物館です。

茨城県水戸市のちょっとした山にあります。

どこの駅からも遠いので、バスで行くのが一番ラクでしょうね…

水戸駅から歩いたら足が大変なことになりました。

 

開館時間と入館料は?

開館時間は10時00分~17時00分

休館日は月曜日(月曜日が祝日の場合は開館)。

 

入館料は、開催してる時期によって異なるようです。

私が行ったときは大人1人で1200円でした。

あと、障害者割引はないみたいですが、30人以上だと団体割引がありましたね。

 

 

刀剣鑑賞

徳川ミュージアムには、徳川家の年表や調度品が展示されていました。

でもさすがに全部は紹介しきれないから、一部の刀剣にフォーカス!

 

燭台切光忠

関東大震災で焼けてしまった刀、燭台切光忠。

1月にも静岡の佐野美術館で会ったね、久しぶり。

【関連記事】

www.hizano-mae.com

佐野美術館のときは真正面からしか見えなかったけど、今回は真正面+茎側+(めっちゃ無理やりだけど)切っ先側も見れたのでかなりお得な感じ!

頑張ってしゃがめば裏側も見れるので裏側も見てほしいです…ハバキの溶け方が表側とは違う…

 

今回の燭台切光忠は刀掛けにかけられていて「ちゃんと刀なんだな…」と何目線かわからない感想を持ちました。

 

だってね、燭台切光忠は燃えてしまって、「人に見せるような刀じゃない」と思われていたわけですし…

 

ゲーム『刀剣乱舞(とうらぶ)』でブームになるまでは、展示すらされてなかったわけですし…

 

関東大震災で焼けたのに、約100年近く経った今でもこうして現存してるのすごい、本当に。

 

 

燭台切光忠(再現作)

「燭台切光忠が焼ける前の姿」の再現作も展示されていたので、しっかりと見てきました!

この再現作は「関東大震災で被災した水戸徳川家に伝わる刀をもう一度作ろう」という刀剣プロジェクトのもと、打たれた刀です。

刀剣乱舞がキッカケで燭台切光忠が注目されて、再現作を打とうって話になったの、本当にスゴすぎるんだよね…

本当にありがとう、当時のとうらぶプレイヤーの皆さん…(当時の私はとうらぶやってなかった)

【関連記事】

www.hizano-mae.com

 

んで、その再現作なんですけど、まっすぐな直刃で男前な刀でした。

反りも浅くて、語弊はあるかもしれんけどピンとしてるというか。

あと打たれて数年だから茎がめちゃめちゃ綺麗!フレッシュみがある。

 

 

太刀 児手柏(再現作)

太刀『児手柏(こてかしわ)』再現作も、刀剣プロジェクトで打たれた刀。

再現作ということは、つまりオリジナルの児手柏もあるわけなんですが、今回は展示されていませんでした。

 

そんで、この児手柏の再現作なんですけども。

目を惹くような波のある刃文で、思わずじーっと見つめてしまいました。

波というか山というか、なんて表現すればいいんだろう?

とにかく私は「児手柏の刃文いいな」と思いました。語彙力がないなぁ…

 

 

行ってよかった徳川ミュージアム

見たい刀が見れたし、綺麗な刀も見れて行って良かったです、徳川ミュージアム。

2019年3月には展示が終わるらしいので、ギリギリだけど行けて良かった。

 

それにしてもきっと10年前なんかは、こうして焼けた刀を展示するなんて誰も思わなかったろうし、再現作を打とうなんて夢にも思わなかったろうし、本当に色々動きすぎでしょ…

 

水戸で歩きすぎて足が死んでるアラサーからでした。

 

【徳川ミュージアム公式サイト】

「水戸徳川家」のまとまった史料がみられる唯一の博物館 » 公益財団法人 徳川ミュージアム

 

【参考リンク】

“鼓動”が聴こえる… 刀 燭台切光忠 再現 | 徳川ミュージアムのブログ