膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク
 

東京国立博物館で厚藤四郎や長船長光といった刀剣を見てきた

東京国立博物館で厚藤四郎や長船長光といった刀剣を見てきた

まだ8月なのに秋のような気候になって驚いてる、膝野まえです。

世間は夏休みですね!私はいつだって夏休みですが。

今回は、上野にある東京国立博物館に行ってきました。目当ては日本刀です。

特に刀剣乱舞にも出てくる、厚藤四郎を楽しみにしながら見に行ってきました。

東京国立博物館に入るまで

博物館への道のり

JR上野駅に着いたら『公園口改札』に出て、横断歩道を渡ります。

目の前には何かの建物、右手にも何かの美術館…みたいな状況です。

どこに行けばええねんってなります。なりました。

しかし地面を見れば、行き先が示されている地図が描かれているので、それに従って歩くと10分ほどで東京国立博物館に着くのです!!

もし道に迷ったら、とにかくすぐ地図を探しましょう。

どこかしらに地図があるので、困ったらそれに頼るのですッ!!!笑

念のためにルートを簡単に書いておくと、駅から真っ直ぐ歩いて、公園に着いたら右に曲がってまた真っ直ぐ歩く…みたいな道順でしたw

 

入館について

入館するには、チケット窓口でチケットを購入しなければなりません。

チケットを購入して、入館ゲートに並び、ようやく入館できます。

障害者の入場について 

障害者手帳を持っている場合は、障害者手帳がチケットの代わりになります。

なので障害者手帳をお持ちの方は、チケット窓口には並ばず、入館ゲートの列に並びましょう~。

 

東京国立博物館・刀剣展示コーナー

かなり数が多かったのですが、その中でも印象に残った刀剣を紹介するぜ!

全部紹介してたら日が暮れるわ!笑

刀 月山雄安国宗

がっさん!ゆうあん!くにむね!

このくらい区切って言わないと、名前を覚えられる自信がない…笑

月山雄安国宗は、地鉄(じがね)が『綾杉肌(あやすぎはだ)』と呼ばれてる刀剣で、凝視すると波打つようなかたちが見られます。

ところで展示コーナーにあった他の刀剣の中では、他に綾杉肌の刀はなかったような気が…

というわけで綾杉肌の刀剣を、ぜひここで見ていきましょう!笑

 

直刀(号 水龍剣)

まっすぐな刀剣!んもうピーーーンって張った糸!!!

直刀というだけあって、一切合切、反っていない刀です。

反ってないから結構古い刀かな…と思ったら、なんと奈良時代・8世紀の刀でした。マジか。

また、1000年以上前に打たれた刀が、今もこうして綺麗だということに驚きでしたね。

もちろん手入れはされているけど、1000年以上もこの形を保ったままなのって、丁寧にされてきたんだというのが伝わります。

ちなみにこの刀剣は、水龍文の金具の拵えが作られたため、『水龍剣』という号が与えられたとのこと。

 

太刀 一文字(号 今荒波)

荒波のような刃文を持つことから『今荒波』という号が与えられた刀剣。

展示ケースに近付かなくとも、刃文の美しさや華やかさが目立ちます。

号が与えられるだけあって、見どころはやはりあの刃文。美しい。

それにしてもあの刃文が波っぽく見えるのは、太刀というだけあって刀身が長いからでは?

もしも刀身が短かったら、波っぽく見えなかったんじゃなかろうか?

刀身が長いからこそ、揺れ動く波みたいに見えるんだろうな…

 

太刀 長船長光

遠くからでも、派手な刃文がスゴく目立つ笑

今荒波の刃文も華やかだったけど、長船長光の刃文はまたそれとは違った華やかさがありました。

エヴァ○ゲリオンで例えるなら、今荒波は綾波レイで、長船長光はアスカかな…笑

どちらも美少女だけど、系統は違うじゃないですか。そういうことです。

長船長光は、とにかく刃文から漂う「俺を見ろ!」感がスゴかったですね。

まさに『華やか』という言葉が似合います。

スゴく綺麗な刃文なんだけど、それを言葉で伝えきれる自信がないw

 

短刀 粟田口吉光(名物 厚藤四郎)

あまりにも分厚くて本当にカッコよかった。

小ぶりな刀なのに、重(かさね)*1が分厚いことから『厚藤四郎』と呼ばれているのも納得がいきます。

展示ケースを見るときは、上からじゃなくて下から見上げるような体勢で見ると、その分厚さがわかります。

みんなもぜひ、厚藤四郎を下から見上げてくください…

もちろん上から見ても分厚さは伝わるんだけど、下から見た方が分厚さがダイレクトに伝わります。

分厚さのイメージとしては、長方形の消しゴム(M○NO)くらい。伝われこの表現…ッ!

これ以外には、他の短刀に比べると茎(なかご)が長かったのも印象的でしたね。

 

知識をつけながら楽しめる東京国立博物館

厚藤四郎カッコよかった…

刀剣の展示コーナーには30分ほどいた気がします。

他の予定があったので早めに見てまわったのですが、もうちょっとゆっくり見る時間を作ればよかったわ…w

刀剣のコーナーには、刀剣の部位についての大きな解説もあったので、解説で勉強しながら展示を見れました。

できれば『刀剣を見る→解説を見る→刀剣を見る…』みたいに見てまわるのがオススメです!

少しでも知識をつけて刀剣を見ると、また新しい発見があって、より楽しめるので!

 

それでは、バイビー。

*1:刀身の厚さ。