膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク

マジLOVEキングダムに29回入国した今の気持ちをつづる

うたプリから離れて、もう4年も経っていた。

アニメは全4期まであるうちの3期の、しかも途中までしか知らない。

だから今回の、うたプリの映画も見る気はなかった。

けど「昔うたプリが好きだった人でも、むしろ初心者でも映画を楽しめる」と聞いたので映画館に行った。それが約2ヶ月前。

 

約2ヶ月前、初めて映画を観たとき、思いっきり泣いた。

 

かつて私が一緒に夢を追いかけた彼らが、あの大きなステージに立っていて、笑顔で愛を歌っていた。

彼らとの思い出が蘇った。真斗は私が初めて付き合った人だったなぁとか、嶺ちゃんルートは予想外の展開だったなぁとか。

 

勝手にうたプリから離れてしまった私にも、ただただ愛をくれるなんて、彼らはどれだけ心が温かいんだろうって思った。

 

知らないアイドルだっていた。アニメは3期の途中までしか見てなかったから、7人体制のHE★VENSは知らなかった。

それにHE★VENSは2期のあのヒールな印象な強すぎて、正直なところ最初は良く思っていなかった。

でも映画を観て思った。HE★VENSもアイドルだった。瑛二くんのことが気になった。

 

 

今のところ、映画には29回ほど観に行けている。好きな人に会えるのは幸せだなぁと思う。

 

とは言っても、映画は良いことばかりじゃない。

映画そのものは何も悪くないけど、映画に来ている周りの人によっては、ちょっと嫌な思いをすることもあった。

Twitterで出回ってる注意喚起とか見て、映画が嫌になったこともあった。

 

しかしもちろんだが、映画に行って、ときには嬉しいこともあった。

上映が終わり、席から立って帰ろうとしたとき、すいませんと言って通ろうとしたら、隣の席の人が「お疲れ様です」と声をかけてくれた。

そのとき「この映画は映画じゃなくて、ライブなんだな」って感じた。

あるときは、隣の人がペンライトを貸してくれた。一緒に応援した。素敵なプリンセスだった。藍ちゃん推しの人を推します。

 

 

初めて入国してからこの約2ヶ月。私の気持ちも色々変わった。

 

まずはアニメを見たいと思い、4期まで見た。

HE★VENSの印象が変わった。瑛二くんが可愛かった。綺羅くんの過去をもっと知りたい。

QUARTET NIGHTは個々で見るとチグハグなのに、4人になるとすごくまとまって、3グループの中で最もアーティストっぽいなって感じた。キングダムのMCで3人が嶺二を見つめるのがすごくわかった。

あと早乙女社長の若いころのアレは色々アレだと思うんだけどスタッフはどういうつもりでアレにしたんだろうってすごく思う。口に出したら消されるんかな…

 

ここ2ヶ月の間に、うたプリ関連のCDを何枚も借りたり、買ったりした。合計で20枚くらい。

しかしこれでもまだ聴けてないCDがあるんですが…本当にプリンスたちはたくさんアイドル活動をしてきたんだね…

リコリスの森は「ヒッ!!!!!」って叫んだあと、ハァ………と溜め息を吐いた。なんなんだあれ。しんどい。

 

映画を見るたび、プリンスたちのことがどんどん好きになった。知らなかった彼らの魅力をどんどん知っていった。

プリンスたちはみんな、音楽を、ファンを、愛していてるんだなと思った。

笑顔で歌う彼らに「良かった」と思えた。

 

 

特にやっぱり、ST☆RISHは特別な存在だった。

 

私が大学生の頃、本当に苦しいときに出会ったのがST☆RISHで。

まだ早乙女学園に通っていた彼らが、ST☆RISHというアイドルになって、あの大きなステージで歌っているのがとても嬉しかった。

彼らが昔描いた未来地図は、きっと描いたものよりも大きくなっているんだろうなぁ。

 

音也が笑顔でいてくれること。その笑顔で遠くまで届いたらいいと思う。

 

家を継がなきゃいけなかったはずの真斗が、ああしてアイドルになれて嬉しい。

 

那月がロックを歌うことは、那月が1人でも前を進めるようになったことなんだろうな。

 

ST☆RISHの一ノ瀬トキヤとしてステージに立つトキヤが見れて良かった。

 

アイドルになる気なんてなかったレンが、音楽を楽しんで歌って。

 

体が弱かった翔が、アクロバティックに動いて踊っている。

 

最初はST☆RISHと衝突していたセシルが、ST☆RISHの一員としてアイドルになっている。

 

奇跡のような出会いを果たした7人が7つの星になって、ST☆RISHになってくれて、本当に良かったなぁ。

いつもST☆RISHと共にいてくれてありがとう、ハルちゃん。

 

 

マジLOVEライブキングダムができたのは、プリンスたちや、おこがましいようだけど私たちファンや、何よりもハルちゃんがいてくれたからこそ。

ハルちゃんはどんな思いをこめて、このライブの歌を作ってくれたんだろう。

きっと、プリンスたちのことを考え、想ってくれて作ってくれたんだと思う。

 

 

29回目の入国はイオンシネマ港北ニュータウン様でした。

9月29日は蘭丸くんの誕生日でもあったので、通常上映だったけど、とても盛り上がったライブになりました。

マジLOVEキングダムに29回入国した今の気持ちをつづる

私は「一生うたプリについていく」と自信を持って、断言することはできない。

これからも色々なものに出会って、色々なものを好きになって、色々なところに行ってしまうと思うので。

だけどこの令和の夏、プリンスたちのライブに足繁く通った日々は永遠に残るし、この先の未来でプリンスたちと出会うことがあれば「あのライブは楽しかったな」と何度も反芻できるんだろうなって思う。

「プリンスに出会えて良かった」という気持ちだけは、永遠に私の中に在ってほしい。

 

まとまらない感想文になっちゃったけど、このへんで。

I found the music more beautiful than kiss.