膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

スポンサーリンク

うつ病患者に「元気そうだね」と言うべきでない

うつ病患者に「元気そうだね」と言うべきでない

メンタルヘルス系の話をしようとしても、普段はオタクのことしか考えられないから何もネタがないよぉ…

双極性障害Ⅱ型というメンタル疾患を抱えているアラサー女、膝野まえ(@hizano_mae)です。

 

Twitterで精神科医の先生の「こ、これは…!!」とはげしく同意したツイートがあったんですよ。

なのでそれについて、ちょっと書いてみようかと。

うつ病患者さんに「元気そうだね」って言うべきじゃないよなーって話です。

精神科医のツイートを見てはげしく同意した

 

このツイートの動画では『うつ病の人に対する禁句』が載せられています。

正直、どれもこれも「わ、わかる~www」と同意しかありませんでした。

中でも私が気になったのは「案外元気そうだね」というワード。

 

これ、本当によくわかる。

 

そう。いつでも元気なわけじゃないんですよね。

 

私は幸か不幸か(幸でしょ)最近は元気ですが、何かの拍子に一気に元気じゃなくなるときもあります。

 

 

うつ病患者は基本的に元気ではない

うつ病患者は基本的に元気じゃないです。

ときには元気に動けるときもあるけど、基本的には元気ないです。

私はうつ病じゃなくて双極性障害っていって、めちゃめちゃ大雑把にいうと気分の波が激しい病気ですが、元気じゃないときは本当に元気ないです。

 

考え事をすることすら億劫なときもあるし、寝返りをうつのも辛いときがあるし、暗いことばかり考えて布団の中で延々と泣いてるときもあります。

 

体が動かなくてしんどいときは、お風呂に入れなくなる人も多いですね。

 

ご飯を食べられなくなる人だっています。

 

それもこれも元気がないからです。

 

元気なときとそうじゃないときの波を繰り返しながら、元気になろうともがいてます。

 

それがうつ病患者です。

 

 

元気に見えるようにしてるだけ

とはいえうつ病患者は、元気じゃないけど、元気であるように見せることはできます。

他人と会うときは「相手に心配かけたら悪い」と思って、明るく元気に振る舞ううつ病患者さんも多いんじゃないかな。

いや、みなさんだって、うつ病患者に会うときに「もう死にたい…」みたいな表情で来られても嫌でしょ…

…嫌だよね!?笑

 

うつ病患者さんの中には、人と会う日の前後は予定を空けて、家に引きこもって、人に会うための体力を作っているという人もいます。

(だからこそ週5で働くのはかなり厳しいんだろうなーと思う)

元気じゃないからこそ、元気に見えるように努力してたりするわけです。

 

 

「元気そうだね」と言うべきでない

うつ病患者さんに対して「元気そうだね」って言ってしまうのもわかる…わかる…

予想してたより元気そうに見えると、そう言いたくもなるよね…!!

 

だけど、うつ病患者さんに「元気そうだね」と言うべきじゃないです。

 

みんな、元気じゃないなかで必死こいて生きてるんですよね。

 

これは別に、うつ病患者さんに限った話じゃない気もしますが…

「元気ないから話聞いて…」という友人に向かって「元気そうだね」って言うのもおかしいでしょ?

そういうレベルの話なんじゃないかなぁって。

 

「元気そうだね」と言われたら「日による」と答えているアラサーの女からでした。「日による」ってめっちゃ便利じゃないですか?