膝のまえのホニャララ

~病気でも人生を楽しくするオタク女のブログ~

私が結婚しても好きな男を誰も救えないなら結婚するだけ無駄ってわけ

私が結婚しても好きな男を誰も救えないなら結婚するだけ無駄ってわけ

一生独身の予定、膝野まえ(@hizano_mae)です。

私はもう年齢が年齢なので、周りから「結婚は?」とか聞かれることが無きにしも非ずなんですよ。そもそも相手がいないんですけど…

んでまあ結婚する予定はないんですが、すごい(どうでもいい)ことに気付きました。

私が誰かと結婚したところで、私の好きな男たちを救うことはできないんです。

好きな男を救えないなら、結婚したって何の意味もありませんよね。(もう今日はこういうテンションの記事です)

私が結婚したら好きな男たちの運命は変わるだろうか?

私には好きな男がいる。それはもう二次元に山の数ほどいるのだ。

私は彼らに幸せになってほしい。そのためなら、私ができることは惜しまない。

 

たとえばもし私が(三次元で)結婚することで彼らが幸せになるなら、私だって結婚するさ。三次元で。

 

でも私が結婚したところで彼らの運命が変わらないのであれば、結婚する意味なんてないんじゃないか?

 

というわけで私が結婚したら、好きな男たちの運命がどのように変わるのか、考えてみました。

 

夜神月はデスノートを拾う

私が結婚しても、夜神月はデスノートを拾う。

というか夜神月は、デスノートを拾わないと彼の人生が始まらないとさえ思う。

なのでむしろ拾ってほしい気持ちすらある。拾ってくれんかね。

つーか私の結婚がどうやったら夜神月に影響するんだろ。絶対に影響しないでしょ。

 

シーザーはワムウと戦う

私が結婚しても、シーザーはワムウと戦う。

シーザーにとって家族というものが、どれだけ大事だったことよ。

もし私が結婚式の招待状を送っても「その日はワムウと戦う予定なので、決着がついたら結婚式に向かいます」とか返事がきそう。

 

花京院はエジプトに行く

私が結婚しても、花京院はエジプトに行く。

むしろ彼は承太郎たちと旅に出ることで、ようやく青春が始まる。

だから仲間たちと旅にでる方が、彼も楽しいと思う。

私の結婚よりも、仲間たちと死線を潜り抜ける方が楽しいと思う。

彼には楽しい人生を歩んでほしい………なあ、典………

 

ポルナレフはディアボロを追う

私が結婚しても、ポルナレフはディアボロを追う。

ポルナレフは戦士として生きている方が輝いてるよね…

あともし私が「今度結婚するんだ~」と言ったら、「そうなんだ、幸せになれよ」って言って翌日にはディアボロを追って姿を消してそうだよね、ポルナレフ。

 

ナランチャはボートに乗る

私が結婚しても、ナランチャはボートに乗る。

だって私の結婚よりも、トリッシュの方が大事でしょ。わかるよ。

つーかボートに乗ってもいいから、とりあえず「学校に行きたい」とは考えないでほしい。

きっと彼は考えるんだろうけど…考えるよね…

 

緑間真太郎はWCで洛山と戦う

私が結婚しても、緑間真太郎はWCで洛山と戦う。

たとえ私が「結婚前に久しぶりに緑間くんに会いたいんだけど、今度どう?」って連絡しても、「その日は試合があるから無理だ」の一言で終わる。

(そもそも緑間くんは私と連絡先を交換してくれるのか?)

 

ティーダはシンを倒す

私が結婚しても、ティーダはシンを倒す。

むしろティーダは「平和な世の中で結婚したらいいんじゃない? オレもその方が安心だし!」とか平気な顔で言ってきそう。

それで私の結婚式当日、ティーダは欠席なんでしょ? 知ってる…

あとはユウナたちが「ユ!リ!パ!」してくれるから、それに全てを託すね…

 

ノクトは指輪をはめる

私が結婚しても、ノクトは指輪をはめる。

むしろノクトは優しいので「オレが全部終わらせたら、安心して結婚式挙げてこいよ」とか言ってきそう。嫌だ。

美しい夜明けを浴び、チャペルの鐘の音色に包まれながら、私は涙を拭いて結婚式を迎えるのだ…

 

プロンプトは敵に連れて行かれる

私が結婚しても、プロンプトは敵に連れて行かれる。

なんかもうここは私の手の出しようがないので…(他の男たちだって手の出しようがなかったでしょ)

プロンプトにも、柱ぶん回してカップ麺を食べるエピソードを盛り込みませんか?

 

皇昴流はレインボーブリッジに行く

私が結婚しても、皇昴流はレインボーブリッジに行く。

もう絶対に行きますよ彼は。私が何を言おうが、彼の耳には届きません。

彼の瞳に映っているのは、たった一人しかいませんから…

 

もし私が結婚しても誰も救えないなら結婚するだけ意味がない

私が結婚したところで、彼らの運命は絶対に変わりません。むしろ悪化するケースまであります。

私はみんなを救いたいのに、誰も救えないんだよ…それなら結婚なんてしなくていい…

こんなに悲しいことがあるかよ。と思ったオタクからでした。